日経BP社の雑誌/Contents

日経メディカル[2003年8月号 no.429 8月10日発行]


■特集
(038 p) 危険な咳を見極める 
(038 p)風邪の後,なかなか咳が止まらない。肺炎は治ったのに,咳,痰が続く。そんなとき,慢性閉塞性肺疾患(COPD),間質性肺疾患(ILD)といった重大な疾患が隠れていることがある。高齢者でのそれらの急性増悪は,容易に呼吸不全を招く。呼吸器の二大疾患の兆候をいかに早くキャッチし重症化を防ぐか,第一線医師の腕の見せどころだ。 

■インタビュー
(048 p) [COPDを早期に見つける] 40歳以上の喫煙者はスパイロ検査を
(048 p)福地義之助 氏(順天堂大学) 

■スペシャルリポート
(050 p) 整形外科の“仁義なき闘い” 
(050 p)柔道整復師との争いを乗り越え共存はあるか 

■トレンドビュー
(018 p) 多剤耐性もあるマイコプラズマ肺炎 
(018 p)痛風の治療指針の“実力”は? 
(018 p)「脳ドック不要論」に学会が回答 
(018 p)林立する高血圧指針を徹底比較 
(018 p)鹿児島大がDPCで在院日数大幅減 
(018 p)健康増進法で進む病院の全館禁煙 

■トピックス
(035 p) 感染血液製剤問題で日赤の対応に批判続出 
(035 p)臨床研修必修化に向け東大など3大学が合同試験 
(035 p)術後の経腸栄養は経静脈栄養より良好 ほか 

■ニュース追跡
(030 p) 市販の睡眠改善薬がヒット 

■行政ウォッチ
(031 p) 一般紙に医薬品名入り広告 

■データを見る
(009 p) 新規後発品の収載企業数ランキング 

■今月のキーワード
(015 p) ドクターハラスメント 

■シンポジウム
(123 p) 見逃しやすいアレルギー疾患 
(123 p)ラテックスアレルギー 矢上健(国立医薬品食品衛生研究所)
(123 p)口腔アレルギー症候群と花粉症 間口四郎(石狩湾耳鼻科)
(123 p)染毛剤による皮膚障害 中山秀夫(中山皮膚科クリニック)

■実践・手技と処置
(063 p) 高齢者編(2)外来診療のコツ【後編】 
(063 p)白浜雅司(三瀬村国民健康保険診療所) 

■患者指導ノート
(075 p) 胃もたれ 

■日経メディクイズ
(053 p) (1)皮膚 
(053 p)(2)胸部X線 
(053 p)(3)内視鏡 
(053 p)(4)救急 
(053 p)(5)救急 

■医事紛争予防学
(085 p) 精神疾患患者が同室者に暴行 水澤亜紀子(医師,弁護士)

■医薬情報室
(105 p) [副作用アラート] 安易なアミノフィリン静注は危険
(105 p)[お答えします] エルシトニンの2種類の単位/薬剤性のSIADHの発現機序

■病との闘い─歴史を彩った人々
(148 p) 〓(しょう)介石 台湾の基盤を築いた不遇の独裁者

■【新連載】Master of Doctor
(156 p) 平田幸正氏(東京女子医大糖尿病センター名誉所長) 
(156 p)患者さんから本当にたくさんのことを学びました 

 
(165 p) ズームアップ 「腰痛」菊地臣一氏
(167 p)メディカルコンピューター Windows98のサポート終了迫る
(171 p)新着情報 機器/書籍/コンピューター/イベント
(182 p)読者から/編集部から 

日経BP書店トップページへ | Nikkei BP Networkトップページへ |
Copyright
日経BP社