日経BP社の雑誌/Contents

日経コミュニケーション[2003年7月14日号 no.394 7月14日発行]


■特集
(068 p) 「より遠く」に 狙い定めたADSL
(068 p)ADSLを使いたくても使えないユーザーがいる。自宅がNTT局から遠くにあるため,信号が減衰してつながらないのだ。ADSLのユーザー数は累計で800万を超え,今も順調に伸び続けている。半面,ADSLの“エリア外”には,いまだ多くの潜在ユーザーが残っていることも忘れてはならない。ADSL事業者は今,“苦手”とする長距離ユーザーの獲得に本腰を入れ始めた。 
(072 p)【限界に挑む】 
(072 p)10km以内は「長距離」にあらず 速度は数百kbps,でもほぼつながる
(074 p)DSLを阻む要因は距離だけではない 
(075 p)【競い合う技術】 
(075 p)独自仕様を国際標準が追撃 低い周波数帯の利用効率がカギ

■リポート
(051 p) ・干渉問題くすぶる24メガADSL 
(051 p)事業者が一斉発表,月額料金は12メガの50〜300円増し 
(054 p)・“オレオレ詐欺”でプリペイド携帯が暗躍 
(054 p)コンビニ販売が不正利用の温床,「悪評怖いが市場は魅力」と事業者 
(057 p)・PtoPトラフィックにプロバイダが悲鳴 
(057 p)占有帯域は一般ユーザーの100倍超,企業ネットも巻き添えか 

■ニュース・ウォッチ
(060 p) 【企業ネットワーク】 
(060 p)三井住友海上,広域イーサで400拠点接続へ 
(062 p)【ブロードバンド/テレコム】 
(062 p)固定発IP電話着,実現は早くて8月末に 
(064 p)【モバイル/ワイヤレス】 
(064 p)「NTT発携帯着」で中継事業者の選択が可能に 

■キーワード・アップデート
(066 p) 【地域IP網】 
(066 p)東西NTTのBBサービスを支えるアクセス網 

■ここが知りたい
(080 p) CATVネットの実力と可能性 
(080 p)IP電話の流れについていける? 高速化でFTTHに迫れるか

■スペシャル・リポート
(088 p) 現場検証 住民基本台帳ネットワーク 
(088 p)市町村側の管理体制に“穴” セキュリティの不安,依然消えず

■テレコム指標
(095 p) 2002年度の海外主要通信事業者決算 
(095 p)バブル崩壊からの復帰策は見えず 携帯電話で中国が世界の中心に

■ネットワーク・リーダーの心得
(102 p) UFJ銀行 植木康雄氏
(102 p)ネット・リーダーがシステムを統括せよ 

■企業ネット最前線
(104 p) 三菱自動車工業 
(104 p)本社移転で10年振りLAN刷新 IP電話採用で機器の移動を楽に

■困ったときの現場ノウハウ
(138 p) サーバー負荷分散装置を使いこなす(3) 
(138 p)製品のセッション維持機能に差 サーバー発行のクッキーに注意

■ブロードバンド・ランナー
(078 p) 加藤治彦 ソリッド・エクスチェンジ 社長
(078 p)キャラクタをリアルタイム操作 利益はコンテンツ以外で稼ぐ

■実践e-Japan
(154 p) 大阪府池田市 
(154 p)ペット型通信端末で独居の高齢者をサポート 

■早わかり講座
(142 p) IP電話を解剖する---(8) 歴史ある呼制御プロトコル「H.323」
(144 p)VPNと広域イーサネット---(8) バックアップ回線で信頼性を向上

 
(146 p) 新製品 
(148 p)通信サービス 
(150 p)ネット・ソリューション 
(151 p)ラウンジ 

日経BP書店トップページへ | Nikkei BP Networkトップページへ |
Copyright
日経BP社