目 次

図解 維持・補修に強くなる 〜 一目で分かるインフラ維持管理の教科書

==========================
図解 維持・補修に強くなる 〜 一目で分かるインフラ維持管理の教科書
==========================

--------------------------
Part1 コンクリートの基本
--------------------------

コンクリートの劣化分類:劣化パターンと環境条件から原因を判断

非破壊検査の使い方:精度を踏まえて複数の検査を併用

ひび割れ補修:ひび割れ幅や補修目的にらみ工法選択

断面修復:温度管理や養生で初期ひび割れを防ぐ


--------------------------
Part2 コンクリート橋梁上部
--------------------------

点検・調査の勘所(橋梁上部):路上の変化から別の損傷を疑う

RC床版の調査:遊離石灰+2方向ひび割れは打ち換え

RC床版の補修:劣化防止の基本は床版防水

PC桁の調査:塩害はひと冬でも致命傷になるので注意

コンクリート桁の補修(1):大きくはつる場合は耐荷性能も確認

コンクリート桁の補修(2):外ケーブルやFRP接着を使いこなす 


--------------------------
Part3 コンクリート橋梁下部
--------------------------

点検・調査の勘所(橋梁下部):水分が集まる場所は念入りに確認

下部工の調査・設計:橋台や橋脚は水が原因の変状が多い

下部工の補修:広範囲な浮きが塩害の目印

下部工の補強:橋脚の耐震補強は基部定着が要 


--------------------------
Part4 鋼橋
--------------------------

補修の施工計画:工場製作と施工計画の連携がカギ

鋼橋の補修:著しい劣化損傷は部分的に取り替える


--------------------------
<橋梁の地震被害の見極め方> 走行性や復旧性を含めて被災度を判定
--------------------------


--------------------------
Part5 道路舗装
--------------------------

舗装の調査:縦断方向のひび割れ2本で構造調査

アスファルト舗装の補修(1):ひび割れ率40%超なら構造設計

アスファルト舗装の補修(2):ひび割れ対策は雨水の浸入を防ぐ


--------------------------
Part6 下水道 
--------------------------

点検・調査の勘所(下水道管路):路面のくぼみは陥没の予兆

下水道管路の調査・設計:対策の要否はマンホール間単位で診断

下水道管路の補修:必要な強度に応じて補修材の厚み選ぶ 


--------------------------
Part7 トンネル
--------------------------

点検・調査の勘所(トンネル):覆工のブロック化を見逃さない

シールドトンネルの調査:深刻な劣化や変状は10年以内に顕在化

シールドトンネルの補修:継ぎ手や裏込め注入孔が弱点

開削トンネルの調査:中性化箇所は水分の有無を確認

開削トンネルの補修:漏水箇所によっては止水しない 


--------------------------
Part8 港湾施設 
--------------------------

点検・調査の勘所(港湾施設):桟橋はこまめに下面を確認

桟橋の調査・設計:6〜10年に1度は詳細定期点検

桟橋上部工の補修:欠かせない設計時の調査内容の再確認

桟橋下部工の補修:下部工鋼材は防食が基本


--------------------------