IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

伊本 貴士、末石 吾朗、江崎 寛康、森 崇人、中山 祐輝、林 憲明(著)/伊本 貴士(監) 

A5
376ページ
 
価格 2,916円(税込み)
ISBN 978-4-8222-5947-1
発行元 日経BP社
発行日 2017/08/15

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

内容紹介

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない
「IoT」の全てを網羅した決定版!


日本だけではなく世界が「IoT(Internet of Things、もののインターネット)」の時代に突入しつつあります。IoTの時代には、身の回りのあらゆるものがセンサーや制御装置を介してインターネットにつながり、データを集める。こうして集めたビッグデータを人工知能(AI)を使って分析し、効率や性能を高めます。さらには、新たなサービスを生み出し、これまでにないビジネスモデルを構築する──。IoTは「第4次産業革命」を起こし、既存のビジネスの世界を激変させるとまで言われています。

こうしたIoTの時代には、全てのビジネスパーソンにIoTの基礎的な知識やスキルが必須となります。あらゆるビジネスがIoTをベースに動くため、IoTを知らなければ仕事ができず、時代に取り残される可能性すらあるのです。一方で、IoTという言葉はよく聞くものの、内容が複雑でよく分からないという人が多いというのも現実です。

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

具体的には、第1章「戦略とマネジメント」、第2章「産業システム」、第3章「法律」、
第4章「ネットワーク」、第5章「デバイス」、第6章「プラットフォーム」、第7章「データ分析」、第8章「セキュリティー」の8つに分類しました。こうして、各分野のキーワードを説明するスタイルをとっています。

第1章から読んで体系的に学ぶことはもちろん、知りたいことがあったときに参照するという使い方もできます。検定試験「IoT検定」の公式本でもあります。

これから本格化するIoT時代を勝ち残りたいビジネスパーソンにとって、決定版となり得る1冊です。

目次を見る 買い物カゴに入れる
電子書籍でも発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について