メカニズムから見る 吸入デバイスのピットホール

大林 浩幸 著 

A4
184ページ
 
価格 4,860円(税込み)
ISBN 978-4-8222-0097-8
発行元 日経BP社
発行日 2016/10/18

メカニズムから見る 吸入デバイスのピットホール

 喘息・COPD吸入療法の患者指導に必携!

内容紹介

気管支喘息・COPDの吸入療法を、吸入デバイスの視点からアドバイス

気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に欠かすことができない吸入薬。その陰の主役で治療の成否を決めるのは、吸入デバイスなのです。

気管支喘息やCOPD患者の高齢化が進む中、使いやすく設計されたはずの吸入デバイスに思わぬピットフォール(誤操作)が隠れています。医療者が気が付かない、治療の落とし穴です。

患者がピットホールに陥らず、症状の良好なコントロールを得るためには、吸入デバイスのメカニズムを理解して吸入指導するコツがあります。デバイスのメカニズムを知り、操作ミスが発生する母地を把握しておくことで、患者の操作ミスを発見しやすくなり、重点的に指導できます。


目次を見る 買い物カゴに入れる
電子書籍でも発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について

おすすめ商品

雑誌

日経メディカル

日経メディカル

第一線の臨床医のための総合医療情報誌編集方針診療の第一線に立つ臨床医のための医学・医療情報誌。1972年の創刊以来、臨床・医学研究や医療行政など、医療界の最新動向を…続きを見る>>

1年購読:8,400円(税込み)

定期購読を申込む