NA建築家シリーズ08 プランテック

日経アーキテクチュア 編

B5
280ページ
 
価格 3,780円(税込み)
ISBN 978-4-8222-7493-1
発行元 日経BP社
発行日 2015/04/13

NA建築家シリーズ08 プランテック

内容紹介

大江匡、30年の変遷
「作品」から「ソリューション」へ

なぜ設計の枠を超え、拡大するのか?
なぜ和から転じたのか?

❖惠庵[1985] /❖木村美術館[1989]
❖村上開新堂[1990] /❖山口蓬春記念館[1991]
❖白想居[1991] /❖大樋ギャラリー[1992]
❖ファンハウス[1993] /❖NACOM[1994]
❖細見美術館[1997] /❖SANKYO新東京本社ビル[1998]
❖ソフトピアジャパン・ドリーム・コア[2000] /❖Akebono Crystal Wing[2001]
❖玉川高島屋S・C新南館[2003] /❖愛知万博三井・東芝館[2004]
❖Sony City[2006] /❖日産テクニカルセンター再構築[2006]
❖日産エンジニアリングセンター増築[2008] /❖上海環球金融中心・展望施設[2008]
❖柏高島屋ステーションモール新館[2008] /❖ファーストキャビン御堂筋難波[2009]
❖南海ターミナルビル改修[2010] /❖御用蔵[2010]
❖武田薬品工業湘南研究所[2011] /❖赤坂ビジネスプレイス[2011]
❖Ai-Village[2012] /❖スタンレー電気本社ビル[2012]


建築界を揺さぶる「大江語録」
■ 建築の本質は建築の中にはない。
■ 「作品」や「デザイン」という言葉は建築に似つかわしくない。
■ デザインの力が失われることは永遠にない。
■ 「プランテック」というブランドをつくりたかった。
■ 賞をもらうために頑張る気はさらさらない。
■ 2000人まで組織を大きくしても大丈夫だと確信した。
■ 品質管理を突き詰めていくと、職人を社員にすることも必要だ。


本書のための特別対談「この人と語る建築の未来」
● 01 大江匡 × 内藤廣[建築家]×馬場璋造[建築評論家]
● 02 大江匡 × 御立尚資[ボストン・コンサルティング・グループ日本代表]
● 03 大江匡 × 佐治信忠[サントリーホールディングス会長]

目次を見る 買い物カゴに入れる
電子書籍でも発売中!
電子版は日経ストア

■返品・解約について