10万円を超える<現金でのお振込>について

2007年1月4日より、10万円を超える現金でのお振込について下記の通り金融機関でのお取り扱いが変更となりました。
お支払いについてご不便をおかけする場合もあるかと存じますが、なにとぞご理解くださいますようお願い申しあげます。


本人確認法について
  マネー・ローンダリング、テロ資金対策のための国際的な要請を受けて、10万円を超える現金送金などを行う際に、金融機関に対し送金人の本人確認等を義務付ける、本人確認法施行令、本人確認法施行規則の改正が行われました。

本改正が施行された2007年1月4日以降は、現金での振込み及びPay-easy(ペイジー)での10万円を超える現金払込み(国や地方公共団体への払込みは除く)を行う場合には10万円を超えるとATMではできなくなりました。金融機関の窓口で運転免許証、保険証等の本人確認書類を提示した上で振込みを行っていただく必要があります。

一方、現金でなく預貯金口座を通じて振込みを行う場合には、ATM・窓口のいずれにおいても、引き続き従来と同様のやり方で振込みを行うことが基本的に可能です(口座開設時に本人確認手続きが済んでいない場合には、本人確認書類の提示がないと振込みができないことがあります)。

今後の10万円を超えるお振込みについては以下の通りお願い申しあげます。


ATMでのお振り込みの場合
ATMでの10万円を超える<現金振込>は、ご利用いただけません。
  Pay-easy(ペイジー)での10万円を超える現金払込み(国や地方公共団体への払込みは除く)もご利用いただけません。

ATMでのお振り込みには、“キャッシュカード”をご利用ください。
  ただし、口座開設時に本人確認手続きがお済みでない場合には、お振り込みできないことがあります。
大変お手数をおかけしますが、金融機関窓口での本人確認手続きにご協力くださいますようお願いします。


窓口でのお振り込みの場合
窓口での10万円を超える<現金振込>には、本人確認書類をご用意ください。
  金融機関の窓口で、10万円を超える現金でのお振り込みをされる場合は、本人確認が必要となります。本人確認書類をご用意のうえ、窓口をご利用ください。
  また、10万円を超える現金での公共料金等の払込み(国や地方公共団体への払込みは除く)のお取り扱いにも、本人確認が必要となります。
 

なお、預金口座を通じたお振り込みなどについては、従来どおりご利用可能です。ただし、口座開設時に本人確認手続きがお済みでない場合には、お振り込みできないことがあります。

 

ご本人の確認が必要なお取引、ご本人の確認方法および提示していただく書類など、詳しくは各金融機関にご確認ください。



インターネット・モバイルバンキング等でのお振り込みの場合
インターネット・モバイルバンキング等でのお振り込みは、これまでどおりご利用いただけます。
  ただし、口座開設時に本人確認手続きがお済みでない場合には、お振り込みできないことがあります。
  大変お手数をおかけしますが、金融機関窓口での本人確認手続きにご協力くださいますようお願いします。